努力しているのに評価できない職員とは - IGYOULAB - 開業医のための医療経営マガジン

開業医のための医療経営マガジン

新着情報

努力しているのに評価できない職員とは

頑張ってくれているのに、評価しにくい職員、みなさんの診療所にはいませんか?

そんな時は、診療所から求められていることと職員の努力が一致していないこともあるのではないでしょうか。「WMCの輪」の考え方を踏まえた対策が一つの解決方法になるかと思います。

院長のビジョンを明確に具体的に伝えるなど、院長自身がどのような行動をすればよいのか、何をどのように職員に伝えればいいのか、下記の動画でご提案させていただいています。

ぜひご参考にしてください。

キーワード

著者:IGYOULAB編集部

知りたいことや興味があること、そして地域医療に携わり先進的な取り組みを行っている先生方の
情報などありましたらぜひお寄せください。
取材を受けたい、記事で取り上げてほしいなどのご要望も受け付けています。
個別でのご相談やご要望は、お気軽に電話やメールでお気軽にお問い合わせください。

トゥモロー&コンサルティング株式会社
お問い合わせフォーム