開業医のための医療経営マガジン

新着情報

【診療所職員】求職者が集まる求人広告の書き方とは

前回お話しした「無料で診療所の求人広告を出せるサイト5選」では、無料で求人広告が出せるサイトを紹介しました。

いずれも無料で利用できますが、効果を出すにはコツが必要です。

ここでは、そのサイトを活用して求職者が集まりやすくなるような求人票の書き方などを紹介します。

求職者が知りたい情報を詳しく書く

まずは、「希望の人物像」について具体的なイメージをすると良いと思います。

・仕事をする上で必要な技能・資格や経験
・してもらいたい仕事の内容
・性格や興味を持っている事柄 など

例えば、

〔週に5日、〇時間程度医師の診療補助及び病棟看護をお手伝いしてくれる人が欲しい。経験年数は問わないが、病棟における看護業務の経験は必須。夜勤をお願いする可能性が月に〇回程度あるので、そういう環境に寛容な人が望ましい。〕

〔週に2~3日、〇時間、〇〇科保険診療の外来看護業務をお手伝いしてくれる人が欲しい。未経験、長いブランク等があったとしても問題ない。地域の診療所ということもあり、地域の患者さんとのコミュニケーションを大切にできる人が望ましい。〕

この「希望の人物像」に当てはまる人は、どのような情報を求めているか?

基本的な労働条件(※)のほかに、正社員の募集の場合、入社後の研修制度やキャリアパスなども気になるところでしょう。具体的な例を挙げて説明するのもよいかもしれません。

アルバイトやパートの募集の場合、働きやすさや時間帯を重視する傾向があります。例えば、子どものいる主婦を想定して求人広告を書くなら、「お子さんを幼稚園に送った後、昼間の3~4時間だけ勤務されている方もいます。」のように表現することが可能です。



採用側が「どんな人に」「どんな仕事をしてもらうのか」をしっかりイメージしながら求人広告を書くことで、求職者が知りたい情報に結びつくことになります。そうすることで、求職者がその診療所での仕事のイメージを持ちやすくなり、応募数が増える可能性があります。

(※)基本的な労働条件
・雇用形態 (正社員、契約社員、パート、アルバイト、登録型派遣、請負など)
・就業時間 (残業の有無など。法定労働時間にご注意ください。)
・休日等(週休二日制、年末年始休暇、夏季休暇などの特別休暇。有給休暇制度など)
・賃金(賃金形態、金額、昇給、賞与、各種手当など。各都道府県の最低賃金をご確認ください。)
・就業場所(正確な勤務地や転勤の有無など)
・各種保険適用の有無

診療所のHPを最新の状態にする

無料の求人サイトでの掲載でも、診療所のHPの状態は応募者数に関係してきます。

なぜなら、採用情報を知った求職者は、その8割が応募前に診療所のHPを閲覧しに行く傾向があります。

せっかく求人に興味を抱いたのに、診療所のHPの情報がまったく更新されていないと、求職者は興味を失ってしまうかもしれません。診療所の採用ページ等が古い情報のままになっていないか、今一度チェックするとよいと思います。

また、自分のところの採用ページは自由にコンテンツを作成できるので、他の診療所にはない強みを存分にアピールできる場にもなります。

例えば、箇条書きの条件だけでは伝えきれない診療所内の雰囲気が伝わる写真付きの記事や、動画は効果的に働くかもしれません。

最後に

効果的な求人広告の原稿の書き方のコツや、その他のポイントをお伝えいたしましたが、いかがでしたでしょうか。

採用する人によって、職場の雰囲気も変わってくることがあります。弊社では採用・育成離職対策に関するコンサルティング業務やYouTubeで動画配信を行っております。

もし、診療所経営でお悩みを抱えている開業医師・歯科医師の方がいらっしゃいましたら弊社にご相談ください。

弊社HP (お問い合わせフォームはHPの下方にございます。)

また、YouTubeにて開業医の先生に役立つ情報を動画で配信しておりますので、お時間が許すときに参考にしていただければと思います。

公式YouTubeチャンネル IGYOUTV

キーワード

著者:IGYOULAB編集部(イギョウラボ)

知りたいことや興味があること、そして地域医療に携わり先進的な取り組みを行っている先生方の
情報などありましたらぜひお寄せください。
取材を受けたい、記事で取り上げてほしいなどのご要望も受け付けています。
個別でのご相談やご要望は、お気軽に電話やメールでお気軽にお問い合わせください。

トゥモロー&コンサルティング株式会社
お問い合わせフォーム

#IGYOULAB #いぎょうらぼ #医業ラボ #イギョウラボ