【医療経営アカデミー(動画販売)】 短期離職を防ぐためにできる対策とは - IGYOULAB - 開業医のための医療経営マガジン(いぎょうらぼ・イギョウラボ)

開業医のための医療経営マガジン

新着情報

【医療経営アカデミー(動画販売)】 短期離職を防ぐためにできる対策とは

今回の医療経営アカデミーの動画のテーマは「短期離職防止」です。

特に1年以内に職員の離職があるという先生方にお伝えしたい内容です。

人手不足を解消しようと、少し気になることや、これといった決め手がない職員を採用してしまうとミスマッチが起こってしまいます。そのため、その職員の育成などで残った職員たちへの負担も増し、負の連鎖に陥ってしまうことも。こうした採用は長い目で見るとマイナスとなり、その職員の短期離職に繋がることもあります。

離職のきっかけとなる「離職トリガー」。1年以内の短期に辞める人たちにとって、どんなことが離職トリガーとなるのでしょうか。

この離職トリガーを理解することで、具体的にどのように対応すべきか、その対策が見えてきます。

「入職後1カ月」が勝負。しっかりとした体制づくりや意識を持つことが重要になってきます。動画では短期離職を防ぐための具体的な対策を含めてお伝えします。

ぜひご参考にしてください。

お試し視聴(約3分半)は下記の動画を再生してご覧ください。(本編は約42分です)

動画の詳細、ご購入は下記URLからどうぞ。

動画の詳細、ご購入はこちら

ネット環境があればどこでも各デバイスから再生可能ですので、ぜひご活用ください。

なお、販売動画の一覧は下記をご覧ください。

IGYOULAB 医療経営マガジン/オンデマンドページ

IGYOULAB公式LINEのお友達登録していただいている方は、2月末までの期間限定でこの動画を無料でご覧いただくことができます。毎月1本、無料でご覧いただけるお友達特典動画を配信していますので、ぜひご登録お願いします。

お友達追加はこちらから

公式LINEお友達追加はこちら