開業医のための医療経営マガジン

新着情報

特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)

今回は、「特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)」についてご紹介させていただきます。

この助成金は、高齢者や母子家庭の母など、ある特定の求職者を雇用した場合に賃金の一部が支給される制度です。

またこの助成金は、短時間勤務の労働者(一週間の所定労働時間が、20時間以上30時間未満の労働者)にも適用することができます。

【対象者】

主な対象者としては、60歳以上の者(~65歳未満)、母子家庭の母等、父子家庭の父(児童扶養手当を受けている者に限る)、障がい者の方などが当てはまります。

【支給額】

<短時間労働者以外>

・高年齢者(60歳以上65歳未満)、 母子家庭の母等 ・・・60万円 (30万円 × 2期)

・身体・知的障がい者・・・120万円(30万円 × 4期)

・重度障がい者等・・・240万円(40万円 × 6期)

<短時間労働者>

・高年齢者(60歳以上65歳未満)、 母子家庭の母等 ・・・40万円 (20万円 × 2期)

・障がい者・・・80万円(20万円 × 4期)

様々な理由で就業が困難とされる方のなかには、セーフティーネットに頼ることを余儀なくされている方もいらっしゃいます。そのため、安定した職と生活を強く求めている可能性が高いです。

診療所の人材の定着促進や、雇用のハードルの高さの観点から考えても、事業主にとってこの助成金を受けて雇用することは大きなメリットかと思います。

ご紹介した特定求職者雇用開発助成金を活用して、人材確保の一助としてみてはいかがでしょうか。

詳しくは、厚生労働省のHPをご覧ください。