開業医のための医療経営マガジン

新着情報

ミスを減らし好印象になる話し方|患者さんに伝わる声は口の開け方がカギに

ビジネスパーソンや教育現場、個人向けなどに話し方講座を行っている現役アナウンサーに、3回にわたって、“伝わる”話し方について伺っています。

コロナ禍でマスク越しのコミュニケーションが日常となり、口元が隠れることで表情が分かりにくかったり、声がこもりやすくなったりと、患者さんや同僚とコミュニケーションをとる場面で難しさを感じることもあるかと思います。声は印象の良し悪しを大きく左右する要素です。相手に伝わるポイントは発声と発音。

今回は聞き取りやすい「発音」についてお伝えします。

朝礼などでも出来る発声練習もご紹介いただきますので、ぜひご活用ください。

伝わる声は口の開け方がカギに

患者満足度の口コミに「説明が良かった」というものを多く見かけます。上手いと感じる説明には、内容に加えて「どう聞こえるか」も大きな要素だと思います。

口の開け方を意識することで、ハキハキと、そして堂々とした話し方になり、相手に正しく聞き取ってもらいやすい発声に繋がります。

一音一音大切に発声することが大切です。

ポイントは母音「あ・い・う・え・お」を意識することです。それぞれの音の口の開き方を意識して母音を言う練習をしてみましょう。口の開け方を意識して発音することで、表情筋も鍛えられるので、表情も豊かになり、声のトーンも上がります。発音練習をする際は、普段の3倍の大きさで口を開きましょう。

職員と一緒にできる1分トレーニング 「母音を意識 ”あ”」

今回は「あ」の口の開け方をご紹介します。

「あ」は大きなあくびをした時の口の形をイメージしましょう。母音の中で一番大きく口を開くのが「あ」の口です。縦にも横にも広げる意識で口を開きます。目安は卵がすっぽり口の中に入る大きさです。

様々な早口言葉がありますが、その言葉を口の開け方を意識して練習してみましょう。ゆっくりで構いません。「あ」の口の開け方を意識して発声してみましょう。 

例:「赤巻紙・青巻紙・黄巻紙」 

まずは一度、職員全員で朝礼などで試してみてはいかがでしょうか?

最初の挨拶と1分間のトレーニング後の声の変化を感じることで、職員のみなさんと楽しく組織向上を図れるかと思います。

1分間のトレーニングの動画はこちら

動画で実際に練習してみましょう。動画ではポイントなどもお伝えしていますので、ぜひご覧ください。

次回の配信は、10月3日の予定です。

 講師:浅井見祐伎アナウンサー

元岐阜放送アナウンサー。テレビやラジオで、ニュースや生中継リポーター、パーソナリティーなどを経験。その後フリーへ。現在は、司会や、広報、さらに話し方講師としてマンツーマンのオンライン話し方教室を開くなど「伝える」仕事の幅を広げている。

浅井アナウンサーのHPはこちら

話し方のコツを学んでも実践し継続していかなければ、伝わる話し方には繋がりません。

人によって弱点が異なり、自分の話し方を客観的に分析し、足りない部分を知ることで効率的にレベルアップすることができます。

「自信がつき仕事が楽しくなる伝わる話し方講座」など団体や個人に合わせたレッスンや講座の参加も受け付けています。

★1回お試し伝わる話し方講座/オンライン(20分):5,500円(税込) ※講座の内容は、ご相談させていただきます。

IGYOULAB特典として2,200円(税込)で受けることができます。

自分の話し方のチェックや、アナウンサーが声や話し方を聞いた上で、その方に合ったワンポイントアドバイスもできますので、ぜひご活用ください。

講座参加のお問い合わせはIGYOULABまでご連絡ください。

メールアドレス:info@igyoulab.com (IGYOULAB編集部)

著者:IGYOULAB編集部(イギョウラボ)

知りたいことや興味があること、そして地域医療に携わり先進的な取り組みを行っている先生方の
情報などありましたらぜひお寄せください。
取材を受けたい、記事で取り上げてほしいなどのご要望も受け付けています。
個別でのご相談やご要望は、お気軽に電話やメールでお気軽にお問い合わせください。

トゥモロー&コンサルティング株式会社
お問い合わせフォーム

#IGYOULAB #いぎょうらぼ #医業ラボ #イギョウラボ