開業医のための医療経営マガジン

LINE公式アカウント

公式SNS

新着情報

夜間や休日のワンストップ窓口や遠隔通訳サービス|厚労省  第3回オンライン説明会を開催へ

コロナ前の水準に戻りつつある訪日外国人の増加により、医療現場では外国語対応の重要性が一段と高まっています。

厚生労働省では、外国人患者を受け入れる医療機関を支援するため「夜間・休日ワンストップ窓口」と希少言語対応の遠隔通訳サービスを提供しています。

こうしたサービスに関する第3回オンライン説明会が、2024年3月7日に開催されますので共有させていただきます。

医療機関対象の外国語患者対応サービス

「夜間・休日ワンストップ窓口」では、外国人患者対応時の問題に対し、助言や情報提供を行っています。この窓口は、平日午後5時から翌朝9時まで、土日祝日は24時間対応しています。電話番号:03-6371-0057

また、「希少言語に対応した遠隔通訳サービス」は、民間サービスではカバーされていないタイ語やマレー・インドネシア語、ネパール語など17か国語に対応し、24時間365日利用可能です。診療所、クリニック、歯科医院など、事前に登録した医療機関であれば、有料でこの通訳サービスを利用できます。(ウクライナ語の通訳サービスの利用料は当面無料となっています)

第3回オンライン説明会概要

本年度3回目となる今回の説明会では、事業の概要に加え、海外旅行保険や国際医療搬送についてなど、外国人患者を受け入れる上で役立つ情報が提供される予定です。

全国の医療機関、地方公共団体、地域の関係者の皆様は、どなたでも無料でご聴講いただけます。新たな情報が提供されるため、これまでに参加された方もぜひご参加ください。

開催日時: 2024年3月7日(木)午後4時から5時

開催形式: オンライン(Zoomウェビナー)

内容

【第1部】夜間・休日ワンストップ窓口事業

①事業概要

②海外旅行保険の種類と医療機関での対応について

③重篤案件対応について

【第2部】希少言語に対応した遠隔通訳サービス事業

①事業概要

②遠隔通訳デモンストレーション(三者間通訳)

【第3部】国際医療搬送について

国際医療搬送コーディネーターによる講演

申し込み期限:3月6日(水)午後5時まで (チラシ掲載のURLかQRコードから申し込みください)

説明会やサービスの詳細、申し込み方法などについては、厚生労働省のページをご覧ください。

著者:IGYOULAB編集部・森田

2児の母であり、転勤族で多くのクリニックや歯科医院を受診してきた経験を活かして、患者さん目線での意見や記事を提供できたらと思います。

知りたいことや興味があること、そして地域医療に携わり先進的な取り組みを行っている先生方の
情報などありましたらぜひお寄せください。
取材を受けたい、記事で取り上げてほしいなどのご要望も受け付けています。
個別でのご相談やご要望は、お気軽に電話やメールでお気軽にお問い合わせください。

トゥモロー&コンサルティング株式会社
お問い合わせフォーム

#IGYOULAB #いぎょうらぼ #医業ラボ #イギョウラボ

運営会社 トゥモロー&コンサルティング株式会社

https://tac119.com/

おすすめ記事

まだデータがありません。